So-net無料ブログ作成

お買い得商品が大集合!買うならやっぱり楽天市場
旅行・レジャー ブログトップ
前の3件 | -

2月の沖縄旅行 [旅行・レジャー]

ご自分もスポーツを楽しみたいなら、2月の沖縄でゴルフなどいかがでしょうか。
ゴフルですと、国内では春が良いと思われていますが、沖縄の春は、もう夏のような気候で暑くてコースを回ることも大変になります。
ですから、沖縄は、冬のゴフルがおすすめなのです。
国内でも冬のゴルフがおすすめという旅行先は少ないと思いますから、ゴルフ好きなご夫婦、グループ旅行にも沖縄はぴったりなのです。
沖縄ならではの海を見ながらプレイできるコースや、森林コース、また大胆な海越えコースなど、特色のあるゴフルコースで楽しめることでしょう。
ここでしか味わえない大自然のなかのコースを満喫できることでしょう。
そして、冬場の沖縄旅行で気をつけることは、服装です。
冬の沖縄は1月でも2月でも、お天気がよければ、日中、半そでで過ごせる日もあるようですので、冬場でも薄着の替えを持参することをおすすめします。
ですが、お天気が悪いときは、ウィンドブレイカーなどの上着も必要でしょう。
2月のビーチはかなりの穴場で、もちろん泳ぐ方がいないので空いています。
ビーチでゆっくり読書したり、海を眺めたり、人が少ないのでのんびりできます。
リフレッシュのための冬の国内旅行でしたら、沖縄の海がおすすめでしょう。
カップル旅行でしたら、冬のビーチを二人の貸しきり状態にできるかもしれませんから素敵ですよね。
このように2月の沖縄も様々なメリットがありますので、冬の国内旅行に沖縄も検討してみてはいかがでしょうか。




タグ:旅行 沖縄 2月

共通テーマ:旅行

喜寿祝いに温泉旅行 [旅行・レジャー]

ご家族全員で温泉旅行に行けない場合は、おじいちゃん、おばあちゃんに「喜寿祝い」にと、温泉旅行をプレゼントしてもよいですよね。
その際は、カタログギフトの温泉旅行もおすすめです。
好きな温泉旅行がセレクトできるようになっているカタログがありますので、それを喜寿祝いとしてプレゼントし、好きな温泉を選んでもらってもよいでしょう。
自分の両親でしたら、温泉旅行のカタログギフトを贈るという手間をかけなくてもよいですよね。
行きたい温泉と希望の日程を事前に聞いておいて、予約などの手配をしてあげて、旅費と宿泊費をこちらで決済してあげれば喜寿のプレゼントになりますから。
温泉旅館やホテルを探すなら、旅行会社に行くこともよいですが、ネットでしたら様々な旅館も比べられますし、予約するのにも便利ですからおすすめです。
例えば、楽天サイトには、楽天トラベルという旅行専門のサイトがありますし、ここから予約すれば、楽天ポイントも貯まります。
宿泊予約サイトとしては、日本で最大級なので、温泉別で検索しても、多くの旅館、ホテルが登録されていますので、じっくり探せます。
また、喜寿のプランがあるホテル、旅館を探すこともできますし、予算で絞込みもできますから、おすすめです。
それから、「じゃらん」には、限定プランがありますので、他のサイトでは予約できない特別プランを探してみるとよいでしょう。
旅館の口コミなども見ることができて、評判が良い温泉旅館がどうか、ユーザーの感想をチェックできますので、おすすめです。



温泉旅館の格安予約サイト『一休.com』



共通テーマ:旅行

九州旅行なら湯布院 [旅行・レジャー]

露天風呂ではなくても、家族やカップルで貸切り入浴できるお風呂を用意している宿はけっこうありますから、カップルでゆっくりしたい、小さいお子さんと一緒に入りたいという方にはぴったりでしょう。
例えば、湯布院の「庄屋の館」や「御宿一禅」は温泉の色がブルーということで有名です。
青い温泉は、異色な存在ですが、ちょっと変わった温泉ということでおすすめです。
時間によっては、外国の海のようなコバルトブルーになるということですので、お風呂の色を目当てに宿泊される方も多いそうです。
泉質はナトリウム、塩化物、硫酸塩泉であり、メタケイ酸の含有量が通常の17倍となっており美肌効果がとても高いとされています。
お風呂を出たあとは、すべすべ、さらに、もちもちの肌になれます。
「庄屋の館」は日帰り入浴もできますので、九州旅行にはおすすめです。
ただ、青いお湯を目的で旅行されるのなら、時間によっては青くならない場合があるので、日帰りだと運任せになってしまいます。
確実に青いお湯に浸かりたいなら、一泊以上したほうが無難でしょう。
九州旅行なら、湯布院に泊まり、グルメを楽しむこともおすすめです。
温泉で体も心もリフレッシュしたあとは、美味しいものを食べて、旅行を満喫しましょう。
旅行先では、普段、食べられないような地元のグルメを楽しむことが鉄則です。
間違ってもファーストフードやファミレスなどは利用しないように。
九州の湯布院周辺なら「とり天」は食べておきたいメニューです。
大分ではメジャーなグルメなのですが、他の地方ではあまり見かけない「とり天」は庶民的メニューであり、ご当地グルメとしておすすめです。
とり肉の天ぷらなのですが、湯布院近くならどこのお店でもだいたいあるでしょう。





共通テーマ:旅行
前の3件 | - 旅行・レジャー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。