So-net無料ブログ作成
検索選択

お買い得商品が大集合!買うならやっぱり楽天市場

廃車の手続き [自動車]

廃車の手続きには大きく分けて2種類があります。
永久抹消とは自動車をスクラップにしてしまうことです。
今後、誰もその車に乗ることはありません。
文字通り、廃車です。
これに対して一時抹消登録は一時的に車を使用しないための手続きです。
新車の下取りに出す場合などはこれに当たります。
中古車として市場に出回る可能性があるのです。
それぞれで手続きと必要書類が違います。
永久抹消登録での必要書類としては印鑑証明、委任状、車検証、ナンバープレート、移動報告番号、解体報告記録です。
一般的には自動車整備工場などに廃車を依頼することになりますから、あなたが準備するのは印鑑証明と委任状だけでしょう。
罹災などで車検証やナンバープレートが紛失してしまうこともあります。
このような場合はその理由書を提出することになります。
また、車検が1か月羽状残っている場合には重量税の税金還付を受けることができます。
税金還付のための書類を準備しましょう。
一時抹消登録を行う場合も、基本的には同じですが解体報告記録などはありません。
税金還付を受けるためには自動車リサイクル促進センター経由で運輸支局に報告することが必須条件です。
そのため、手続きを適当にやっていると税金還付を受けることができないのです。
つまり、税金還付はリサイクルを促進するための手段として実施されていると言うことを理解しておきましょう。
もちろん、正規の手続きを踏めば何の問題もありません。


かんたん車査定ガイド


共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。